西石油グループ:「別府ラクテンチ」経営権を取得へ

2018/04/16 21:34 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大分県別府市で石油販売などを手がける西石油グループ(西謙二代表)は16日、市内の遊園地「別府ラクテンチ」を経営する大阪市の遊戯機器メーカー「岡本製作所」から経営権を取得すると発表した。従業員50人の雇用は継続する方針で、受け皿となる新会社を設立して6月上旬をめどに経営に乗り出す。

 同園は1929年に開園した別府の名物施設。岡本製作所は2003年に別府国際観光から営業譲渡を受けて経営を続けてきた。16年には市がインターネット上で公開したPR動画「湯〜園地(ゆうえんち)計画」が人気を呼び、昨夏には動画の一部を実現する3日間限定のイベントを開催。9000人が集まるなど話題になった。

 西石油の西貴之副社長は「銀行を通じて事業譲渡をお願いし熱意が通じた。温泉と景観を生かし外国人も呼べるオンリーワンの遊園地を作りたい」と語った。【大島透】

毎日新聞

経済

経済一覧>

注目の情報